ページトップへ
TOP BUSINESS やっぱり知っておきたい「Apple新社屋」の驚くべき特徴と学ぶべき点
2017.03.15 BUSINESS

やっぱり知っておきたい「Apple新社屋」の驚くべき特徴と学ぶべき点

カリフォルニア州クパチーノのApple新社屋「Apple Park」は、Apple社の新しい本社で、4月からの社員の移転を発表。宇宙船を連想させるこの建設物は、Apple社の共同創業者であり、2011年に死去したスティーブ・ジョブス氏の「最後の作品」といわれ、驚くべきこだわりがあるようだ。

外観と内装へのこだわり

Apple新社屋は、175エーカー(なんと東京ドーム約15個分!)の土地を有し、約1万4,000人の従業員が収容できるといわれている。建物は世界最大の曲面ガラスが使用した円環状。木々がその建物を囲み、サンタクララバレー中心部のアスファルトの町を、やすらぎをもたらす緑地へと変貌させている。
Apple社のプレスによると、敷地内には2017年後半のオープンを予定しているシアターがあり、その名はスティーブに敬意を表して「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」と命名。1,000席もある大ホールの入口の高さは約7m、直径約50mのガラス製の円柱がメタリックカーボンファイバー製の屋根を支えている。新社屋で最も高い丘の上にあり、キャンパス内の緑地と新社屋を見下ろせるそうだ。

デザインへのこだわり

新社屋は、Apple製品を連想させるデザインが多いといわれている。具体的には、「建物の丸い角のカーブの比率はApple製品を参考にしているのではないか」「エレベーターのボタンがiPhoneのホームボタンに似ている」「トイレのデザインがiPhoneに似ている」などといわれているのだが、どうやらApple製品を連想させようとしたわけではないようだ。
Apple製品を特徴づけているものと同じ情熱とデザインの理念で、新キャンパスの設計、施工、建設に取り組んだ結果、Apple製品と似てしまったということなのだろう。

内装にもこだわり、「換気口や配管がガラスに映ってはいけない」「出入り口の段差をなくしたい」などの要望があったそうだ。また、緊急避難口などの標識にもこだわり、緊急時に一目でわかるようにしたい消防当局とApple社と消防当局とのミーティングは15回にもわたって開かれた。他にも、Apple Storeや一般にも開放されるカフェを併設したビジターセンターをはじめ、社員向けフィットネスセンター、研究開発施設、ウォーキングおよびランニングコース、果樹園、草地、人工池なども設けられるようだ。

投じられた時間とその金額

2011年、ジョブス氏は従業員の急増にともない建設計画を発表。本社から新社屋への引っ越しは、当初の計画では2015年だったが徐々に延期され、2017年の春になった。その理由は、クパチーノとの承認手続きに時間がかかったこともあるが、一番の延期の原因は斬新で現実離れしたデザインだったようだ。
このような工事の延期もあり、新本社の建設費は当初約30億ドル(約3,380億円※2017年3月21日調べ)と見積もられていたが、最終的には約50億ドル(約5,620億円※2017年3月21日調べ)にまで増大した。

Apple 社から学べること

建物に使用されている材木に関するガイドラインだけでも約30ページもあるそうで、そこには新社屋の建設を、携帯端末のデザインと同様に扱おうとするApple社の姿勢が見受けられる。そのため、Apple社のデザインセンスの期待と建設する上での現実がしばしば衝突することがあったと関係者は話している。

デザインだけにこだわりがあるのではなく、環境にも優しい構造になっている。電力は100%再生可能エネルギーを使用。屋上部分に17メガワット分のソーラーパネルを設え、敷地内で太陽エネルギーを運用する世界最大規模の施設になる。また、自然換気型の建物としては世界最大で、1年のうち9カ月間は暖房も冷房も不要になるのだとか。

現代の日本人は押しに弱いとされている。つまり、意思が弱い傾向にあるということである。私たちはApple社を少しでも見習い、信念を持ち続けることを学ぶべきだ。周りに何を言われようとも、その結果、お金がかかることになっても自分の意見は貫き通すことが、Apple社のように世界中の人がビックリするものを創り出し、さらに良いものとして次世代へ残すことになるのではないだろうか。

<参考・参照元>
アップルの新社屋「Apple Park」が4月にオープン - エキサイトニュース
Apple (日本) - Apple Press Info - Apple Parkを社員向けに4月オープン
260000平方メートル(m2)は、東京ドーム約5.560902個分です 面積の単位を変換するサービス
アップル新社屋「宇宙船」は何がスゴイのか | ロイター | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
驚愕…米アップルの新社屋、1900億円の予算オーバーで4770億円に増大 ―ブルームバーグ報道 - GGSOKU - ガジェット速報