ページトップへ
TOP BUSINESS ベンチャー企業がスマートフォンを作るという挑戦〜トリニティ株式会社代表 星川哲視インタビュー
2017.08.08 BUSINESS

ベンチャー企業がスマートフォンを作るという挑戦〜トリニティ株式会社代表 星川哲視インタビュー

2016年、社員数20名に満たないベンチャー企業として、独自開発のスマートフォン『NuAns NEO』を発売し、グッドデザイン賞ベスト100にも選出されたトリニティ株式会社。スマートフォンを作り始めたきっかけや、当時の苦労まで……とことんこだわった商品作りをする同社代表 星川哲視 氏への『+VOLVE』特別インタビュー。


自分が使いたいと思えるものを作ろう


Windows 10 Mobile搭載のスマートフォン『NuAns NEO』を発売した2016年は、ちょうど会社設立の10周年でした。そこで、10周年記念のプロダクトとして、思い切りずば抜けたものを作ってやろう! という気持ちで考え始めました。

最初からスマートフォンを作ろうと思っていたわけではなく、ものすごく音のいいヘッドホンアンプはどうかな、とか、いろいろ考えていた中で、手に持っている時間が一番長いモノとして、自分が使いたいと思えるスマートフォンを作ろうと思い至りました。

これまでiPhoneアクセサリーを作ってきて、iPhone以外だとどのスマートフォンのためのアクセサリーがいいんだろう? と考えても、なんとなく「これ」というものがなかった。それなら、もういっそ本体からすべてデザインしてやろうと。ビジネスとしていける! とか、スマートフォンを作ったら儲かる! みたいな気持ちでは全くなくて、採算を気にせず作りたいものを作るぞ! というところからのスタートでした。


誰も作ったことがないスマートフォンを