ページトップへ
TOP BUSINESS パブリッククラウドとプライベートクラウド、2つのクラウドを並行して利用することが主流の時代に!?
2017.06.12 BUSINESS

パブリッククラウドとプライベートクラウド、2つのクラウドを並行して利用することが主流の時代に!?

クラウドコンピューティングのサービスにパブリッククラウドとプライベートクラウドが存在することは市場でもかなり認識が進み、その内容の違いもアウトラインについては理解されるようになってきたといえる。しかし、この2つのクラウドを利用する場合、残念ながらまだ全くの別物と考えるユーザーが多いのが現状だ。

実際の利用に当たっては統合して設計することが、効率よく利用するための大前提になることは間違いない。今回は、そんなパブリッククラウドとプライベートクラウドの一括設計の重要性についてまとめてみることにする。

そもそもクラウドにおけるパブリックとプライベートの違いとは

クラウドコンピューティングは、サーバーやストレージ、ネットワークといったコンピュータのリソースの全てを何時、何処からでも自由に利用可能にすることを前提としたサービスだ。

このクラウドには利用者を限定しないオープンなサービスであるパブリッククラウドと、企業や組織が自社でインフラの構築と運用を行うオンプレミス型クラウド、ならびに資産を一切持たずにクラウド事業者からインフラの提供を受けるホステッド型クラウドの2つのタイプのプライベートクラウドが存在する。

二者択一ではなく2つのクラウドを並行して利用することが主流の時代に


クラウドコンピューティングサービスの利用が開始された初期段階では、企業や組織内におかれた自前のサーバーやストレージ、ネットワークとは別に一部の用途のサービスをパブリッククラウドから利用してシームレスに使うことが基本となっていた。